おまとめで借金を一本化する

キャッシングを続けていると、返済が厳しくなり、返済の為に新たな借入を続けたために多重債務に陥ってしまった人も少なくありません。そういった状況から抜け出すために利用できるのが「おまとめ」です。

 

「おまとめ」でローンを1本化する事により、金利が下がり、月々の返済額も軽減されるというメリットが生まれます。また、債務整理と違って、ブラックになるという心配もありません。

 

消費者金融のおまとめローン

「おまとめローン」は消費者金融が金融商品として積極的に取り組んでいます。消費者金融がお金を融資する時は、年収の3分の1以内と制限がありますが、総量規制には「除外」項目や「例外貸付」のように総量規制の対象外になる貸付があり、その中には「顧客に一方的有利となる借換え」という項目があります。

 

たとえば、現在借りている金利より低い金利に借り換える、複数社の借入をまとめることで現在の状況が改善される、といった場合は年収の3分の1を超えていても、審査で返済ができると判断できれば融資をしてもよいというものです。

 

おまとめローンの特徴

消費者金融は、審査スピードが速いので、一日でも早く普段の生活を取り戻したい時は消費者金融の「おまとめローン」がおすすめです。ただ、急ぐといっても最低限は、金利の比較をすることが重要です。

 

銀行カードローンで借り換える

銀行カードローンは、低金利で融資限度額も大きくなるため、一般ローンに比べて審査が厳しくなります。銀行カードローンで「おまとめ」をする場合、ある程度の属性が必要です。

 

銀行によっては、年収制限を設けているところもあり、そういったカードローンは一定以上の年収がなければ申込できないので、パートやアルバイトなどで収入を得ている人は厳しいかもしれません。しかし、銀行カードローンでおまとめはパートやアルバイトでも申込が出来るカードローンもあります。

 

「銀行カードローンは絶対無理」というわけでもないので、申込が可能な銀行カードローンを探し、「借入診断」などを利用して事前に申込が可能かどうかを調べてみましょう。また「返済シミュレーション」を利用して、現在の状況からどれだけ変わるのかも調べる事が重要です。

 

おまとめで失敗する事もある

無事度審査に通過して、目的の銀行カードローンから融資がおりたとしても、中には失敗してしまう方もいます。

 

せっかく借りられたのに返済しなかった。

銀行カードローンはおまとめ目的での利用を認められていますが、融資がおりた後に自分自身で借入先への返済をしなければなりませんが、これが失敗の元となってしまうのです。

 

自分の口座へお金が振り込まれるので、借入先へ返済する前につい融資金を使ってしまったという人もいます。そうなってしまうと、おまとめ目的で借りた金額で目的が果たせず、ただ、借入残高が増えただけと言う事になる場合があります。

 

消費者金融の「おまとめローン」であれば、金融業者側があなた名義で借金を完済してくれるので、このような事態になることはありません。銀行カードローンでおまとめをする時、特に注意が必要になります。

 

返済が楽になるという事に甘えてしまった。

消費者金融や銀行カードローンのほとんどが、「残高スライドリボルビング方式」という返済方式になっています。「残高スライドリボルビング方式」は、決められた毎月の返済金額が少なめに設定されているので、確かに返済は楽になります。しかし、返済金額が少ないという事は、返済期間が長くなり、結果的に利息を含めた総返済額が増える事にもなります。

 

残高スライドリボルビング方式の最低返済金額通りに返済していると、利息額と返済期間が膨大になってしまい「おまとめ」が失敗したと言わざるを得ません。それを回避するには、自発的に繰り上げ返済を続ける事が「おまとめ」成功の鍵となります。

 

繰り上げ返済で返済したお金は、すべて元金返済に充てられるので、返済期間が短くなり、結果的に利息を含めた総返済額が少なくなるので「おまとめ」した目的が達成した事にもなります。うまく返済していく人は、ボーナス払いなども上手に活用して返済しているのが特徴です。

 

このように、融資がおりたからと言っても、借金がなくなるわけではありません。「おまとめ」で失敗しないための自制心も大事な成功の要素になります。

 

おまとめする時抑えておくポイント

おまとめを成功させるに押さえておくべきポイントが有ります。

 

  1. 借入件数は3件以内。

    おまとめは多重債務から解放されるために利用するので複数社の借入があって当然ですが、借入件数が多すぎると審査に通りません。其の為には現在借りているところを利用して、借入金額の少ないところを完済して、借入件数を減らす事が重要になります。

  2.  

  3. 遅延や延滞をおこさない。

    多重債務の人は、毎日が返済に追われ、常に返済の事を考えていなければならないので、気持ちに余裕が有りません。だからといって、遅延や延滞を起こすと一定期間は、おまとめを申込んでも審査に通りません。ですから、おまとめをするつもりなら、手遅れになる前にまとめてしまいましょう

  4.  

  5. 一度に複数社へ申込をしない。

    申込でやってはいけない事は、複数社へ同時申込をしてしまう事です。申込が有った事は、信用情報期間の個人情報に記載され、複数社への同時申込をした人は「申込ブラック」と呼ばれ、さらに状況が悪くなります。

 

おまとめで一本化する時は、漠然と申込をするのではなく、ある程度の準備をしておいてから申込む事が大切です。