借りやすいおまとめローンとは?

銀行カードローンで「おまとめ」を考える時、銀行それぞれで審査基準が違いますが、審査に通りやすい銀行カードローンは無いものと考えた方がよいでしょう。

 

そもそも「おまとめ」するというのは、既に何社からも借金をし、返済が苦しくなった人が利用する方法です。つまりそのような人にお金を貸す事になるので、審査は当然厳しくなります。銀行もそのような人にお金を貸すというリスクは避けたいはずです。

 

ですから、「おまとめ」の審査は、一般カードローンより、審査が厳しいのは当然の事と言えます。

 

おまとめを勧めているカードローンを選ぶ

ただ、銀行によっては「おまとめ」や「借り換え」を勧めているカードローンが有ります。「おまとめ」するという事は、借金に対して前向きな人という見方もあります。

 

何社からも借入れしている借金をまとめる事で返済負担を減らし、完済に向けてやり直そうという意気込みが感じられます。「おまとめ」を推奨しているカードローンなら、担当者も人間ですから、相談すれば親身になって融資の審査をしてくれるはずです。

 

おまとめであることを伝える事が重要

「おまとめ」を申込む時は、かならず「まとめたいので」という目的を銀行に伝える必要が有ります。以外とこの事を伝えるのを忘れる人もいるのですが、「まとめたいので」と言う利用目的を伝えないと、「すでに多くの借入があるのに、この上貸し出ししても返済できないのでは?」と思われてしまい、審査を通す事が難しくなります。

 

「おまとめ」を申込む時は、申込の後でも電話を入れて、おまとめしたい事を確実に伝える必要があります。

 

申込で注意する事

「まとめられるのならどこでもよい」と思って、一度に複数社へ申込をする人がいますが、これはやってはいけない事のひとつです。申込があると、信用情報機関の個人情報に、申込が有った事がすべて記載されます。

 

審査でその個人情報を見た時「すでに借入が多いのに、さらにお金が必要と言うのはよほどお金に困っている」と思われてしまい、審査に落とされる結果となる場合が多いです。複数社へ申込する時は、一定期間間を開けて申込する必要があります。ですから、事前にどこへ申込むかと言うような申込の順番を決めておく事がポイントです。

 

おまとめを申込む時の注意点

必要以上の借入を申込まない。

基本的に借入金額は少ない方が審査は通りやすいですし、一定金額以下なら所得証明書を求められることもなく、本人確認書類があれば申込が出来ます。「おまとめ」は複数社の借入を1本化するのが目的ですから、すべての借金を返済できる借入額にするか、それが無理な時は、何社かの借金をまとめるだけの金額を借入希望額にしておきましょう。

 

必要以上の借入希望額にして審査に落とされるよりは、率直に借りられる金額で申込む事が重要です。きちんと返済を続けていれば信用が付き、やがて増額で限度額を増やせる可能性も出てきます。

 

他社借入件数を少なく申告しない

他社借入件数が多いと審査に通りにくいと言われているので、中には審査に通りたいために借入件数を誤魔化して申告する人もいます。審査は、本人が記入した申込書と、信用情報期間の個人情報を基に審査を行います。

 

「おまとめ」で借りる人は、すでに個人情報が登録されているので、嘘の記載をしても個人信用情報機関を調べれば分かってしまいます。借入件数や借入残高などは正直に申告し、「おまとめ」で借り換えて生活を立て直したい、という意気込みを融資担当者に伝えましょう。

 

年収を多めに申告しない

借入金額にもよりますが、収入証明書や所得証明、源泉徴収票などの提出を求められたとすぐにばれてしまう事や、すでに信用情報期間の個人情報にも年収は記載されているので、嘘をついてもすぐにばれます。年収が大いに越したことはありませんが、銀行カードローンは総量規制の対象外になので、年収による制限はありませんし、審査が通れば年収に関係なく借入が出来ます。

 

ですから、年収を誤魔化すというような事をしても意味が有りません。さらに、嘘をついた事がばれると、信用もなくなり、審査に通る可能性がなくなってしまいます。

 

勤務先は正直に書く

申込をする時勤務先を申告しますが、現在は他社で勤めているのに、以前勤めていた会社の方が信用度が高そうだからと思って、まだ勤めていると嘘をついてしまう人がいます。しかし、勤務先には必ず在籍確認の電話が入るので、嘘の記載をしてもぐにバレてしまいます。

 

虚偽の申告をするとまず審査で落とされる事は間違いありません。

 

口コミなどで評判を調べる

 

ネット上にはキャッシングのランキングサイトや、口コミなどの情報を見れば、借入したいと思うキャッシング会社の様々な情報を得る事が出来ます。

 

銀行のホームページをみても、融資条件やスペックなど、一通りの事が書いてありますが、実際利用してみた時の感想はどうなのか、と言うような情報は書かれていません。契約してから後悔しないためにも、借入先が決まったら、口コミ情報で、実際に利用している人の意見を見てみるのも大切です。