おまとめは借入件数の見直しから始まる!

「おまとめ」は多重債務に陥っている人の救済処置なので、複数から借入が有るのは当然ですが、何社で借りていても利用できるというわけではありません。

 

やはり借り入れ件数が多ければ多いほどに、審査は厳しくなっていきます。

 

借入件数は審査の重要項目

「おまとめローン」は複数社の借入を一本化するためのローンで、大手消費者金融にはおまとめ専用のおまとめローンがあります。

 

たとえば「プロミス」にはおまとめローンと言う商品はありませんが、お客様サービスプラザや自動契約機から申込が出来ます。

 

アコムには「借り換え専用ローン」、アイフルには「借り換えMAX」「おまとめMAX」と言うようなおまとめ専用ローンが利用できます。

 

審査で重要になるのは、おまとめや借り換えをしても、返済が続けられるかが非常に重要な項目になります。またおまとめを利用しなければならない状況の中で、これ以上に借入れが増えるかどうかも審査には重要な項目になります。

 

それぞれの借入先で融資限度額が決められていますが、審査で重要なのは、現在の借入額でなく、いくらまで借りられるかという事です。

 

例えば融資限度額が30万円あり、現在の借入残高が20万円であれば「10万円はいつでも借入れができる状態」です。

 

30万円の融資限度額のうち、借入残高20万円、借り入れ可能額10万円、これが5社あれば、実際の借入残高は合計100万円ですが、借入れ可能総額は50万円になります。

 

借入可能額が50万円あるという事は、借入残高が増えてもいいように借入可能額も併せての審査対象になります。つまり、借入残高+借入可能額である”融資限度額が審査の対象”になります。

 

借入件数で信用度もわかる

信用情報機関の個人情報には、他社の借入状況もすべて解ります。その中の、他社借入件数という項目を見て、申込者がどの程度お金に困っているのかを判断します。また、借入件数は、申込者にどのくらい信用度があるかも表しています。

 

例えば、消費者金融2社から120万円借りているAさんがいるとします。もう一人は、消費者金融4社から30万円借りているBさんがいるとします。

 

2人の年収や勤め先など、その他の属性は全く同じとして、その他には特に問題のない状態とします。

 

貸す側の審査担当者なら、AさんとBさんのどちらに融資をするでしょうか?

信用できるのはAさんのほうになります。

なぜそう判断されるかというと、2社から120万円借りているAさんは、1社あたりの融資限度額が高いのは、信用度が高いからと判断できます。4社から120万円借りているBさんは、「他社が少額しか貸していないのは、何か問題あるのかな。」と判断されてしまいます。

 

ですから、1社から100万円借りているAさんと、5社から100万円借りているBさんでは、信用度が全く違ってくるというわけです。

 

そもそも、消費者金融や銀行の審査は「他社借入件数は何件まで」という決まりがあるようです。ちなみにカードローン申込時に、他社借入件数をごまかして書いても、信用情報機関の情報を見ればバレてしまい、それだけで審査に落ちますので、嘘の記載は絶対にやめておきましょう。

 

何社までなら大丈夫?

おまとめローンに申込みをする時は、借入件数を3以内にする必要が有ります。借入件数を減らす方法として「プチおまとめ」があります。

 

まず、現在借りている消費者金融のサポートセンターなどへ連絡を入れ、「現在借りている件数を減らしたい」と申し出ます。もし、それに応じてもらえればそこで増額をして、そのほかの消費者金融の返済を済ませる事が出来ます。

 

「プチおまとめ」は限度枠に余裕が有るところでまとめてしまう、という方法もありますが、その場合は金利が高いところなら、まとめる事はやめておきましょう。もし、おまとめに失敗した時、さらなる負担が増えるからです。

 

まとめた後は解約を忘れずに

「プチおまとめ」をした段階では「借入残高が0円の借入先がある」というだけです。

 

限度額に余裕額があれば、そこは借入れ件数1としてカウントされるので、借入先を整理するために、そのローンを解約してしまう必要が有るので完済した借入先は忘れずに解約する事が重要です。

 

おまとめローンは大きな金額であり、審査も通常のカードローンよりも厳しくなるのは当然の事です。審査に通ることを前提として、事前に出来る事は準備して申しむ事がポイントです。

 

返済シミュレーションで事前にチェック

おまとめは、融資限度額も大きくなるため、一般ローンに比べて審査が厳しくなります。おまとめをしようと思えば、ある程度の属性が必要になるので、パートやアルバイトなど、収入の多くない人は厳しいかもしれません。

 

しかし、収入が低いから絶対無理、というわけでもありませんし、おまとめを進めている銀行や消費者金融の「借入診断」などを利用すれば、事前に申込が可能かどうかわかります。また「返済シミュレーション」で、まとめる事で現在の状況がどれだけ改善されるのかも調べておく必要が有ります。