複数社の借入を一本化する方法として「おまとめ」があります。「おまとめ」が可能な商品には、いくつか種類があるので、まとめる場合はどちらかを選ぶ必要が有ります。

 

1つはおまとめ専用ローンと、もう1つは「おまとめ」としても使える銀行カードローンです。

 

有利になるまとめ方

複数の借金を抱えていると、さまざまなトラブルが発生する可能性があります。お金の管理が行き届かなくなることや、返済が難しくなったと言うような、経済的な負担に加え、借金が減らない、いつも返済に追われているような感覚に陥り、精神的にも大きな負担が掛かり、健康にも影響することがあります。

 

そうしたトラブルを軽減させるための方法として、おまとめローンがあります。

 

おまとめローンは、複数ある借金をひとつにまとめて返済しやすくするローンです。

 

借金をひとつにまとめられれば、返済日が1つになって管理しやすくなります。加えて、金利が今よりも低くなるため、返済額も減らすことができるというように多くのメリットがあります。

 

おまとめローンで借り換えが出来れば、抱えていた問題の多くが改善されます。しかし、おまとめローンを賢く選ぶためには、借り入れ後に有利になるためのポイントを押さえておく必要があります。何も考えずに選んでしまうと、さらに大変な思いをすることになってしまう事もあるので、まとめる際のポイントをしっかり把握して、自分にあったおまとめローンを選ぶ事が大切です

 

消費者金融のおまとめ専用ローン

おまとめ専用ローンは主に消費者金融で申込する事になります。

 

おまとめ専用ローンの特徴は、多重債務者を対象にしているので、それらの人たちにとって有利になるような設定されています。

 

ただし、おまとめ専用ローンを利用している間は、新規借り入れが一切できなくなります。つまり、借りたお金の返済のみになり、追加融資や新たな借入はできません。おまとめ専用ローンは、借金を増やしてしまうなどのリスクがないので、確実に完済したい方にはおすすめです。

 

消費者金融は銀行と比べて審査に通りやすいというメリットがあります。消費者金融でまとめても、大してまとめられないのではないかと言う不安を持つ人もいますが、おまとめローン自体が総量規制の対象外になり、年収による制限はないので気にする必要はありません。

 

おまとめローン」は自由に使えない

「おまとめローン」で借りると、借りたお金の返済だけになります。おまとめローンで借りたお金は、現在の借入れを完済するために使用されるので、自由に使えるお金にはなりません。

 

また、おまとめローン利用中は新規の借入れができないなどの制約もあり、そのため、万が一の時にお金を借りる事が出来ません。

 

そこで「おまとめ」におすすめなのが銀行カードローンです。低金利なカードローンでまとめる事が出来れば、返済金額が減るだけでなく、融資限度額の範囲内なら、返済以外の用途にも利用出来ます。

 

おまとめが可能なカードローン

おまとめ可能なカードローンは、利用用途が自由な銀行カードローンでまとめる方法です。

 

銀行カードローンは元々が低金利で、融資限度額も高いため、まとめる場合の金利や限度額といった面で有利になる事はありません。

 

しかし、消費者金融のおまとめ専用ローンよりも審査に通りやすく、利用の仕方も返済だけでなく、銀度額に余裕が出来れば自由に使うことができます。ただし、何にでも使えるという安心感はあるものの、借金が膨れ上がってしまう可能性もあるので、利用には細心の注意が必要です。

 

銀行は、安定感や信頼性の高さなどから安心して借りられる金融機関です。多くの場合、金利は4.0%~14.5%と低く設定されているので、複数の借入がある人、特に消費者金融の借入れをまとめるには非常に効果があります。

 

また、限度額も高く、中には融資金額が最大で1,000万円としているカードローンもあります。ただし、低金利で高額融資になると、金融機関の中でも審査は特に厳しくなるため、申込み時には、自分の状況や過去に返済トラブルを起こしていないかなど、十分に気をつける必要があります。

 

まとめる前に済ませておく事

「おまとめローン」という商品や、おまとめ可能としている銀行カードローンなどを提供している金融会社は数多くあります。それぞれに特徴があり、金利や限度額の設定、申込み時や利用時の条件、利用のしやすさなどに違いがあります。そのため、おまとめするローンを適当に選んでしまうと、かえって逆効果になるケースもあります。それぞれの特徴をよく調べ、自分に合ったものを選ぶことが重要です。

 

其の為にも、申込をする前に、やっておかなければならない事があります。それは、借金をまとめる事で現状と比べて、返済がしやすくなるか、返済金額が少なくできるかを先に確認しておく事です。

 

まとめる前後の金利や返済額の違い、金利以外に有利になるような条件、返済方法はどんな方法があるのか、おまとめローンを提供している金融機関の特徴など、調べることは多くあります。事前にこれらを確認しておかなければ、失敗してしまうこともあります。トラブルが発生しないように、時間を掛けてでも納得するまでじっくり調べる事が大切です。

 

  1. まとめる目的を整理する

    まとめる目的は、人によってさまざまです。中でも、「返済日を統一して管理しやすくしたい」「返済金額を減らしたい」「一日でも早く完済できるようにしたい」というような事を、ほとんどの方が望んでいるのではないでしょうか。

     

    おまとめローンを選ぶ際に重要なのは、今よりも低金利なるという事が絶対条件ですが、それだけに焦点を当ててしまうと、逆に損をしてしまうこともあります。低金利にすることによって、どのように返済していくのかということも考え、「返済シミュレーション」などを利用して、自分の環境で最も効果的な返済プランを立てる事が重要です。

  2.  

  3. 現時点の借入れを全て把握する

    利用している金融機関、借入金額、金利だけでなく、返済に関する情報や支払わなければならない利息、完済予定日など、細かなところまで全て調べて、わかりやすいようにまとめましょう。表などを作っておくと見やすくなり、自分の借入状況が把握しやすくなります。これらを把握しておけば、おまとめローンの金利を比較したときに、まとめたほうが良いものと、まとめずに今までどおり返済していったほうが良いものとに分けやすくなります。

 

 

銀行カードローンの金利を比較

「おまとめ」を一本化する場合、返済を軸に考えていく必要があります。

 

確かに金利が低くなれば利息の負担を減らす事が出来ます。しかし、低金利というだけでは返済をうまく進めていくことができません。

 

カードローン名 実質年利 融資限度額 100万円の実質年利 残高100万円の

毎月返済額

オリックス銀行

カードローン

1.7%~17.8% 800万円 6.0%~14.8% 20,000円
三井住友銀行

カードローン

4.0%~14.5% 800万円 12.0%~14.5% 15,000円
三菱東京UFJ

銀行カードローン

1.8%~14.6% 500万円 12.6%~14.6% 15,000円

 

毎月返済額が高すぎると「返済が続けられない」という事にもなってしまいます。しかし、返済額が低すぎれば返済は楽になるけれど「返済が長期化して利息が増える」ことになります。

 

注意が必要なのは、金利を比較する場合上限金利で比較するという事が重要で、下限金利で比較して選んでしまうと、実際借入時に上限金利が適用され、返済計画そのものが崩れてしまうので注意が必要です。

 

金利以外も検討する必要が有る

銀行カードローンで「おまとめ」する時は、できるだけ低金利なものを選ぶ事が前提です。ただ、低金利になればなるほど、審査が厳しくなるので、金利だけを見て判断しないほうがよい場合があります。

 

低金利を中心に考える事も大事ですが、申し込みのしやすさや利用のしやすさ、限度額の大きさなど、さまざまな方向から検討して選ぶ事がポイントです。

 

 

おまとめにおすすめのカードローンはどれ?

多くの銀行カードローンの中でも、「おまとめ」にはオリックス銀行カードローンがおすすめです。オリックス銀行カードローンは、最短即日審査に対応しているので、結果を出すのが早く、融資までの時間が短いのも大きなメリットとなります。

 

銀行という信頼感と安心感がある事や、申込は24時間インターネットから申込が可能ですし、申込条件は満20歳以上69歳未満の安定した収入がある方ならパートやアルバイト、派遣社員でも申込み可能です。

 

また、300万円以下の借入は収入証明書の提出が原則不要になるので、「おまとめ」するにしても、本人確認書類だけあれば、申込が出来ます。さらに、銀行カードローンとしては珍しい、オリックス銀行の口座がなくても申込み出来ます。

 

オリックス銀行カードローンの金利設定

使い勝手で選ぶか、金利で選ぶか悩むところですが、オリックス銀行カードローンの金利は最低金利1.7%、最高金利が17.8%となっています。最高金利を見ると、大手消費者金融の「プロミス」と同じ設定になっています。

 

銀行にしてはかなり高い設定ですが、オリックス銀行カードローンの金利は、借入金額に応じてさらに細かく金利設定がされています。

 

利用限度額 借入利率(年)
100万円未満 12.0%~17.8%
100万円~150万円 6.0%~14.8%
150万円~300万円 5.0%~12.8%
300万円~500万円 4.5%~8.8%
500万円~700万円 3.5%~5.8%
700万円~800万円 1.7%~4.8%

 

100円未満を借入する時の金利は高く感じますが、100万円以上で借りる場合の金利は、一気に低くなります。「おまとめ」で借りる場合は、100万円以上の借入希望額になる事を見越した上での金利設定のように思えます。

 

また、それぞれの価格帯での最高金利が決まっているため、返済シミュレーションもしやすくなっています。金利に幅があるので、必ず最低金利が設定されるというわけではありませんが、それでもかなり有利な条件になるはずです。

 

オリックス銀行カードローンの保証会社は2社

銀行カードローンは保証会社の保証を受ける事が条件になりますが、オリックス銀行カードローンは保証会社が2社あり、どちらかの保証を受けられれば融資が可能です。

 

保証会社で審査内容が違う

以前のオリックス銀行カードローンの保証会社はオリックス・クレジット㈱だけで、申込条件は年収200万円以上の方という制限が有りましたが、新たに新生フィナンシャル㈱が加わり、現在はオリックス・クレジット㈱と新生フィナンシャル㈱の2社で審査をする事になっています。

 

審査内容はそれぞれで基準が違い、オリックス・クレジット㈱の審査対象は、ある程度の所得や高額融資の方を対象にした審査を担当しています。

 

一方の新生フィナンシャル㈱の審査対象になるのは、比較的所得が少な目の、パートやアルバイト、派遣社員というような人なので、借入がしやすくなったと言えます。

 

2社による審査方法は

審査方法として、まずオリックス・クレジット株式会社による保証審査を行います。そこで保証が可能と判断されれば仮審査を通過する事になります。

 

オリックス・クレジット株式会社の審査基準に満たない場合は、続いて新生フィナンシャル株式会社の審査を受けます。

 

保証会社が2社あるので、どちらの審査にも通らなければならないように思えますが、そうではなく、どちらかの審査に通れば良いので、保証会社が複数になった事で審査基準が厳しくなったという事ではありません。

 

むしろ、保証会社が2社になったことで、年収制限は撤廃され、申込対象者が広範囲になった事は、今までと違って「審査が通りやすくなっている」とも言えます。

 

保証会社の保障を受けるためには

一般の銀行カードローンも同じですが、オリックス銀行カードローンの審査を通すためには、

  • 所得が不安定で収入が極端に少ない人
  • 他社借入件数や借入金額が多い人
  • 現状で遅延や延滞、債務整理などの金融事故を起こしている人

が申込をしても、審査に通る可能性はかなり低いと思っておいた方がよいでしょう。

 

通る見込みが無い方が現状のまま審査を受けても、審査に落とされて信用情報が汚れるだけなので、たとえば、所得が増えるような努力をするとか、他社の借入れ件数を減らす、金融事故を起こしている場合は最低でも5年~7年は待ち、申込条件を整えてから申込む必要が有ります。

 

まとめ

おまとめローンのメリットは、「低い利息に借り換える事で総返済額を少なくできる」と言うのが一番の目的です。多くの場合、まとめる事でメリットが発生しますが、必ずしもそうならない事もあるので、注意が必要です。

 

まとめる前の借金が、高金利の消費者金融やクレジットカードなどの場合は、借り換えによって金利が下がることが多いです。しかし、もともと銀行カードローンのような、金利の低い借金を利用していた時は、必ず金利が下がる事にはなりません

 

「おまとめローンを利用すれば、金利が下がって返済額が減る」と期待して、いざ利用してみると、「実際は現状と変わらなかった」ということがあります。そうならない為にも「返済シミュレーション」などをおおいに利用して、自分が納得できる借り換えにする事が重要です。